独身平民のまったりブログ

独身平民なコミュ障でも生きていけるよ。そんなまったりブログです。仕事や生活のお役立ち情報、趣味のこと等をツラツラと。

北海道で暮らしたい!北海道移住で検討すべき大事な3つのポイント

 

北海道に転勤してから早3年。

冬の大変さはありますが、北海道での暮らしはなかなか快適です。

真剣に定住検討をしているくらい、私はとても気に入っています。

 

道外の知り合いに今の暮らしを語ると、北海道に移住したいとの声も出るほどです。

好きなものの魅力を伝えられているのは嬉しい限りですが、

生活に関わることなので気軽に「ヘイヘイおいでよ!」とは言えない部分もあり。

 

そんな気持ちから、自分の実体験を踏まえた上で。

今回は、北海道に移住するにあたって重要な検討ポイントを3点ご紹介します。

 

 

 

f:id:sibuyako:20190715214016j:plain

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

 

1.北海道での仕事確保

 

最重要事項です。

働かないと食べていけませんからね。

 

本州に比べ、北海道の仕事は少ない上に低賃金です。

家賃や土地代が低いのは事実ですが、それ以上に賃金ベースが低い。

ザックリ、実際の数値から検討してみましょう。

 

 

家賃相場

札幌(中央区)  ワンルーム3.6万 / 1LDK5.5万

東京(千代田区) ワンルーム6.6万 / 1LDK16.7万

住宅情報サイト『SUUMO』より(2019/07/15現在)

 

年収平均

北海道 373万円

東京都 448万円

dodaより(2017/9-2018/8のデータ)

 

仮に、一人暮らしワンルームで考えた場合。

年収が75万下がる。月ベースで6.25万下がる。家賃は3万しか下がらない。

単純計算、月の収入は3万以上減りますね。

 

加えて、北海道は冬場の光熱費がかさみます。

燃料費が出ればペイ出来ますが、燃料費有りの企業は少ないのが現状です。

 

また、札幌や旭川・函館のごく一部を除いて、車がないと非常に不便です。

極地方では車なしでは生活出来ないレベル。

地方に住む場合、車の維持費も計上しなければなりません。

 

上記の理由から、求人も自動車免許必須(ペーパー不可)の案件が多目。

東京では免許必須率の低い業種でも、北海道だと要免許の記載が高い印象です。

免許のない方は、無条件で転職(職業)選択幅が狭まると思います。

 

単純な求人数の差は、求人サイトをググればすぐに分かります。

参考までに。

 

リクナビNEXT

北海道 989件

東京  8914件

(2019/07/15現在)

 

一目瞭然ですね。人口差を考えると当然。

実は、求人数差自体はそこまで致命的ではありません。

応募側の人口も少ないので。

 

単純な求人数の差より、職種バリエーションの少なさが痛いです。

研究開発、IT系なんかは致命的ですね。

オリンピックの影響もほとんど感じず、こちらでは土木系も閑古鳥。

ちょっと変わった職種になると、ブラック臭い求人すら見かけなかったり。

 

北海道っぽいと感じる求人と言えば、農業従事者の募集でしょうか。

時々、住み込み(?)募集を見かけます。あまり多くないですが。

期間限定ですが、リゾート地や温泉での募集もチラホラ見かけますね。

札幌限定だとコルセン求人が豊富。過去の誘致の名残でしょうか。

 

通常の転職で、生活可能な北海道での仕事を確保するのは大変です。

ここが、北海道移住者への第一にして最大の関門でしょう。

ですが、真剣に北海道で暮らしていきたいのであれば、検討必須のポイントです。

 

ちなみに、私はこの関門を解決済みです。

道外企業から転勤で来ているので、給与は本社テーブルのままなんです。

転勤中も実質給与が下がらないという状況で、ありがたやありがたや。

(※地方転勤だと給与が下がるパターンも多い)

別に北海道転勤狙いだったわけではありませんし、恐らく特殊事例ですが。

家賃が下がった分、生活が少し豊かになったという自分もビックリな展開です。

 

仕事に関しては、一概にどうとも言えないのが悩ましいところ。

北海道に限らず何かしら難しい部分があるので。

じゃあ東京なら一生働いていけるの? という問題もありますしね。

 

転職が難航しそうな場合、転勤を視野に入れるのもひとつの方法かも知れません。

もし社内に北海道転勤席があれば、思い切って立候補してみては如何でしょうか?

 

 

f:id:sibuyako:20190712232520j:plain

 

 

2.北海道の気質が合うか否か

 

冬のアレコレより、こちらの方が重要に思います。

積雪やイベント系の不便さなんかには、意外と簡単に慣れるので。

 

抽象的な話になってしまいますが、北海道はおおらかです。

「おおらか」だと、少しニュアンスが違う気もしますが。

でも、「のんき」だと、もっと意味が離れてしまう感じ。

 

何事も、東京のようにガツガツしていないんですよね。

会社や仕事、ひいては社会的な雰囲気そのものが。

プロ的な最高のオモテナシはないけれど、その分クレーマーもいない。

良くも悪くも、あまり求めないし求められない前提、といいますか。

そして、それを良しとする空気を感じます。

 

見合う表現が見つからないのがもどかしいですが、そんな雰囲気。

 

ここが、性格的に合うかどうか。

人の気質や土地柄への相性が、すべてを決めるのではないかと感じています。

 

独断と偏見で予想すると。

自分にも他人にも強く求めるタイプの方だと、多分この空気は合わない。

 

私は、この辺がとても合うので、いま真剣に北海道に定住したいと考えています。

互いにほどほどまったり生きていきたいので、今の環境が幸せです。

意識高い系人間のエンカウント率の低さにも心が安らぎます。

 

 

f:id:sibuyako:20190716003407j:plain

 


3.北海道への移住に何を求めているのか

 

北海道は、自然の豊かさや食べ物の美味しさを売りにしています。

求める方もそのパターンが多いですし、当の北海道側もそんな誘致方法です。

 

確かに、自然や北海道産の魅力は大きいですし、実際、私も好きです。

ですが、それだけなら、別に海外でもいいと思います。

 

東京やその周辺にだって、自然がないわけではありません。

はずれの方なんかドのつく田舎ですからね。ほんとに。

食べ物にしても、何も年中美味しいものを食べなくても困りはしません。

余程のグルメさんでなければ、時々北海道産を買う程度で十分でしょう。

味より見た目や調理の手間暇にこだわる人だと逆に辛い、まであり得ます。

洗ったレタスをむしゃむしゃするだけでも美味しくて幸せ、それが北海道流。

 

大自然を求めて移住してしまうと、見合わない冬の過酷さが堪えるでしょう。

食べ物は、最初は美味しくても次第に舌が肥えて慣れてしまいます。

なので、安直にそれだけを求めて移住するのはオススメしません。

うっかりすると、試される大地に試され続けて終わります。

あまり、北海道を甘く見ないほうがいい……。

 

それと、北海道に慣れてから東京に戻るのは、骨が折れると思います。

「東京→北海道」は戸惑う程度で済むでしょう。

ですが、「北海道→東京」だと、辛……シンド……、となること間違いなし。

後者はまだ経験していませんが、この推測にはかなり自信があります。

 

自分が、あるいはご家族が。

何を求めて移住を望んでいるのか、今一度、じっくり考えてみて下さいね。

何事も経験、とりあえず数年住んでみる、という形から入るのも良いと思います。

 

北海道で個人的に好きなのは、国内なのに少し離れた微妙な距離感と雰囲気。

京都や大阪も文化的には結構違いますし、距離なら沖縄も離れていますが……。

それらとも何かが違う、独特な感じがあるんですよね。

そんな場所で、海外旅行ではなく、観光でもなく、定住できるというのがまた良い。

 

 

 

北海道は広いですし、札幌か否かだけでもかなり違いがあります。

居住地や暮らし方による差異も大きいので、収入などの比較も目安程度に。

 

私の場合、東京ほどには求められないので多少の収入低下は許容範囲。

北海道の会社……というか、社会の雰囲気はガツガツさ少な目です。

心理的な重圧回避の対価だと思えば、寧ろ安いとすら感じます。

勿論、生活していけない収入であれば話は別ですが!

 

観光と定住ではハードルも変わるもの。

少しでも、当記事が北海道生活を検討されている方の参考になれば幸いです。

機会があれば、小ネタ的な北海道エピソードも別記事で紹介していきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク